自治体向けのWBLは、地域で起業・創業する方々を長期にわたり伴走するプログラムです。

各自治体では、産業競争力強化のための様々な取組が進められています。特に地域の特性を生かした起業は注目を集めていますが、実際に起業を志す人はまだ限られています。それは、起業自体の心理的ハードルが高いことが一因と考えられます。起業の目的を磨き上げることや、事業設計と経営、コミュニティ形成など、多方面のサポートが必要です。何より、なぜ起業するのか、なぜその人ができるのか、という意味づけは、近年最も重要なポイントと言えるでしょう。

本プログラムでは、必ず成し遂げる「WILL」を創出するワークショップと、その実現のための「プロセス」の伴走、そしていつでもサポートするコミュニティがあるという「安心感」の三つを備えています。実際に起業し、不安を抱えながらも前に進む経験のある講師陣が、伴走します。

どの地域でも、自信をもって挑戦できるように、私たちがサポートします。

MORE

受講生の声

プログラム受講の感想

  • 価値観ベースで事業創出について考えることで、本当に自分がやりたいこと=時間と労力をつぎ込んで取り組めることを考えることができた。
  • 起業する考えの根本において重要なことを明確にでき、意義あるプログラムだと思います。
  • ご縁を頂いた方と話す時や、名刺交換の時などの会話で、いきなり事業内容を話すことは難しいが、その時にwillが伝えられれば次に繋がると実感した。

MORE

PAGE TOP