MISSION

代表挨拶

戸田 裕昭

1980年、静岡県藤枝市生まれ。大学卒業後、オフィス家具メーカーのイトーキに就職。法人営業、企画を担当した後、新規事業開発チームの地方創生担当として、各地の事業づくりに携わる。
2015・2016年度の国交省主催の離島と企業をつなぐ「しまっちんぐ」を企画運営。2016年6月CSW-Corporate Social Will-事業部を立ち上げ、総括プロデューサーに就任。人財育成、事業アイデアの発掘、事業開発の0→1の代行など、さまざまな企業の新規事業開発をサポート。2018年より上智大学にて全学共通科目「社会的価値創出のためのプロジェクト形成論」を担当。自分で事業を立ち上げるだけでなく、社会課題を解決する事業を創出する人をサポートする重要性に気づき、デロイトトーマツベンチャーサポート株式会社に転職。ベンチャー企業の事業支援や大企業の新規事業創出に関わるかたわら、学生・社会人双方に対する教育に力点を置くようになる。2019年度社会起業大学講師や、多数教育機関において特別講師なども務めた。2020年4月、株式会社WEを設立。教育を通じた社会のあるべき姿の実現を目指し、小学生から大学生・若者を対象としたオンライン授業配信や企業研修などの事業を展開している。

MISSION

教育と事業の接点でWill-beingなプロジェクトを創造する

わたしたちは、これまで教育領域とビジネス領域のそれぞれで活動してきました。
そこで思うことは、両者があまりにもかけ離れているのではないか、ということです。
教育はインプット、ビジネスはアウトプットであるかのように考えがちですが、
教育が「意思、人間性、知識、技能など人の持つ諸能力を引き出すこと」、
ビジネスが「顧客を創造すること」であるならば、どちらも良質なアウトプットを出すことが求められている点において、共通なのです。

私たちは、この教育と事業に共通しているものを、「個人のWillを引き出し、その人らしい価値を創造すること」と定義し、Will-beingと呼んでいます。
わたしたちは、Will-beingなプロジェクトを創造し続けることをミッションとしています。